山形県青少年育成県民会議

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
去る9月24日に開催された第57回山形県少年の主張大会で、最優秀賞に輝いた天童市立第三中学校3年岩淵 礼姫さんが、北海道・東北ブロック代表に選出され、第40回少年の主張全国大会で発表することとなりました。
全国大会では、全国5ブロックの代表の中学生12名が日頃抱いている思いや考えを発表します。



全国大会は11月11日(日)に午後1時から東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、当日YouTubeにて生中継されますので、ぜひご覧ください。


平成30年10月21日(日)に青少年健全育成県民大会において、いじめ・非行防止セミナーを開催しました。
 




 
 

 はじめに、第57回山形県少年の主張大会で最優秀賞を受賞した天童市立第三中学校3年岩淵礼姫さんが「人生を駆け抜ける」と題して主張発表しました。中学に入学後受けたいじめの経験から学んだこと、それを通して成長できたことを社会に生きているすべての人に伝えたいと発表しました。

 つづいて、防犯・交通米沢少年隊の「いじめ・非行防止アピール」があり、その後、事例発表として長井市教育委員会文化生涯学習課 主事 齋藤 広大氏が長井市まちづくり青少年育成市民会議の取り組みを発表しました。全体部会に加え、家庭・青少年・環境浄化の3つの部門を設置し、一丸となって取り組んでいる事業について発表しました。






 その後、「命の授業」と題して、ゴルゴ松本氏より講演をいただきました
。たくさんの方にお集まりいただき、会場内は大盛況の中終了いたしました。


























このポスターは、県内の高校生にデザインを募集し、多数の応募作品の中から最優秀作品として選ばれました。

この作品の作者は、富澤学園山形城北高等学校3年の長岡琴羽さんです。この作品は、「明るい雰囲気のポスターにしたかったので、画面全体を明るい色でまとめ、真ん中にひまわりを書きました。下の手は、上の手を支えるイメージで、一人じゃないというメッセージを込めました。また、下の手の色は、ひまわりが育つために重要な水をイメージしました。」とのことです。

また、このポスターには、県内小中学校、特別支援学校の児童生徒から応募があった「いじめ防止標語」から選ばれた優秀作品4点を掲載しています。

  • 山形県青少年育成県民会議
  • 〒990-8570
  • 山形県山形市松波2-8-1
  • 子育て推進部
  • 若者活躍・男女共同参画課内
  • TEL:023-630-2727
  • FAX:023-632-8238