山形県青少年育成県民会議

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
 第40回少年の主張全国大会が平成30年11月11日(日)に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、北海道・東北ブロック代表として発表した山形県代表天童市立第三中学校3年の岩淵礼姫(いわぶち あやめ)さんが、全国5ブロックを代表する12名の中から、内閣総理大臣賞を受賞しました。

 
 岩淵さんは、「人生を駆け抜ける」と題して、中学校入学後にいじめにあった経験を通し、友達や家族に助けられ、独りではないということや、自分を表現していいことに気づいたことなど、このいじめの経験から学んだことを活かし、「命を大切にし、自分らしく幸せになるため人生を駆け抜けていきます」と主張しました。





 自然とあふれてきた涙に思いをのせた岩淵さんの発表は、YouTubeにてご覧いただけます。

下記をクリックして、ぜひご覧ください。
(YouTubeの映像は、第40回少年の主張全国大会開会から閉会までの映像です。)

第40回少年の主張全国大会の模様


第40回少年の主張全国大会の審査結果については、下記をクリックしてご覧ください。


第40回少年の主張全国大会の審査結果【PDF 124.7KB】



2018.11.14:k-kaigi:[メモ/お知らせ]
去る9月24日に開催された第57回山形県少年の主張大会で、最優秀賞に輝いた天童市立第三中学校3年岩淵 礼姫さんが、北海道・東北ブロック代表に選出され、第40回少年の主張全国大会で発表することとなりました。
全国大会では、全国5ブロックの代表の中学生12名が日頃抱いている思いや考えを発表します。



全国大会は11月11日(日)に午後1時から東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、当日YouTubeにて生中継されますので、ぜひご覧ください。


2018.11.03:k-kaigi:[メモ/お知らせ]
平成30年9月24日、山形国際交流プラザ山形ビッグウイングにおいて57回山形県少年の主張大会〜いま伝えたい 私のメッセージ〜が開催され、県内4地区のブロック大会を勝ち抜いた15名の中学生が、家族や学校生活をテーマに熱い思いを発表いたしました。

 
 発表前に、山形県防犯協会連合会会長中山眞一氏、山形県青少年育成県民会議菅間裕晃氏、山形放送株式会社取締役報道制作局長伊藤清隆氏があいさついたしました。、




  審査の結果、「人生を駆け抜ける」と題し発表した、天童市立第三中学校3年岩淵礼姫(あやめ)さんが、最優秀に輝きました。

 岩淵さんは、中学に入学してすぐに受けた「いじめ」の経験から学んだことやそれを通して成長できたことをこの社会に生きている人、すべての人に伝えたい、特に今、「いじめ」で苦しんでいる人、周りの「いじめ」を見て見ぬふりをしている人、そして心ない言動で周りを傷つけている人には、あなたの行動は相手の命を奪うかもしれないと気付いてほしいと主張しました。




他の入賞者と演題は以下のとおりです。

○優秀
  
  ・新庄市立新庄中学校 3年 盒供…梢諭覆覆と)
  「支えること、共に生きること」

  ・西川町立西川中学校 2年 西塔 萌花(もえか)
  「彼女達と私の未来」

○優良

  ・東根市立神町中学校 3年 松田 爽来(さわき)
  「伝えたいこと」

  ・酒田市立第一中学校 3年 菅原 さくら
  「夢を与えてくれた子供たち」


入賞者5名の主張は、10月2日(火)の山形新聞特集紙面に掲載されます。

そして、この大会の模様は10月7日(日)10:00〜10:55に
YBCラジオで放送されます。ぜひお聞きください。



2018.10.01:k-kaigi:[メモ/お知らせ]
  • 山形県青少年育成県民会議
  • 〒990-8570
  • 山形県山形市松波2-8-1
  • 子育て推進部
  • 若者活躍・男女共同参画課内
  • TEL:023-630-2727
  • FAX:023-632-8238